チャットレディは身バレする?元オーナーが実態や対策方法を伝授します!

チャットレディは危険?元オーナーが安全な働き方を徹底解説

チャットレディって興味あるけど、「危ない仕事なんじゃないの…?」「知り合いにバレそうで怖い…」と考えている方は多いのではないでしょうか。

私は、以前チャットレディ事務所を経営しており、毎月50人以上の面接を行なっていました。
女性からの質問で特に多かったのが、身バレについてでした。

「実際にバレた人はいますか?」
「どのようにすればバレないですか?」
「顔出しなしでも働けますか?」

など。

そこで今回は、元オーナーの視点からチャットレディの「身バレのリスク」や「顔出しなしでどの程度稼げるのか」という点について解説していきます。

安心して働けるおすすめチャットレディ求人

チャットレディとは?

チャットレディとは

もうすでにご存知の方も多いとは思いますが、チャットレディって聞いたことがあるけど、どんなお仕事なのか具体的に分からないという方のために、まずは簡単にお仕事内容について解説していきます。

チャットレディとは、ネットを介して男性会員とチャットや通話をして報酬を得るお仕事のことです。

具体的には、パソコン・スマホでライブチャットサイトに出演をして、男性と1対1で会話(2ショットチャット)をしたり、複数の男性と同時に会話(パーティチャット)をするのがメインのお仕事です。
リモート会議やインスタライブのような感覚で、とても手軽に始めることができます。

キャバクラや風俗などのナイトワークとは異なり、男性と直接接触することはないのですが、同等、またはそれ以上稼ぐことができる点が、チャットレディの大きな魅力となっています。

働き方は在宅チャットレディ通勤チャットレディの2通りがあり、自分の都合に合わせて選ぶことができます。

詳しくは下記の記事でもご紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

スクショ画像や映像流出の危険性は?

映像流出の危険性は?

では今回の本題に入ります。
チャットレディのお仕事をするに当たり、どうしても直面してしまうのがスクショ画像や映像流出の問題です。
映像流出とは主に、チャット中の自分の映像を画面キャプチャ・録画・スマホなどによる撮影によってネット上にアップロードされてしまうことです。

特にアダルト行為中の映像が流出してしまうのは、最も避けたいところですよね。
最近はスマホからアクセスするユーザーが急増していますので、簡単に画面キャプチャされてしまう不安はつきまとってしまいます。

では、実際に映像流出のリスクはどの程度あるのか?
詳しく解説していきます。

国内大手サイトなら危険は回避できる

まず、最初に知っていただきたいのが、ライブチャットサイトには、運営会社が日本国内のサイトと海外会社のサイトの2パターンがあります。
国内大手サイトは、日本の法律に準拠(従う)していますが、海外サイトは日本の法律に準拠していません。

その為、出演するライブチャットサイトは、国内サイトを利用することが一番重要になります。
国内サイトでは女性の安全を守るために、24時間365日監視をするシステムがあるので、映像流出の危険は限りなく少なくなっています。
今現在、国内で主流となっている大手ライブチャット サイトが行う対策とは次のような内容です。

国内大手サイトが行う対策

・常に「画面キャプチャ・撮影禁止」を男性にアナウンスする
・チャット画面にロゴを入れる
・画面キャプチャができない

このような対策を行なっており、万が一流出した場合でも、常時監視が行われているサイトであればすぐに削除をする、不正行為を働いた男性会員は退会処分をするなど、徹底的に対処を行っています。

また、各サイトでは利用規約に必ず『禁止事項』を記載しています。
もしもサイトや本人が特定できる映像が流出した場合、不正行為の当事者には10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金が科せられます。

これだけの重い罰則があるため、リスクを冒してまで映像流出する人は極わめて少ないというのが実情です。

実際に私が経営していた事務所に所属していた女性は数百名といましたが、一人も流出しませんでした。
同業の大手事務所さんにも聞いてみましたが、国内サイトで流出している方は、おりませんでした。

海外サイトへの出演は要注意

先ほどもお伝えしたように、残念ながら一部のチャットレディ事務所では、FC2などの海外サイトへの出演をあっせんする悪質な事務所があります。

「海外サイトは露出OKだから稼ぎやすい」などと言い、海外サイトでの出演を勧めてきます。
海外サイトでは確かに局部の露出が規制されていませんが、それはあくまで海外で出演した場合の話です。
日本国内から配信を行い、局部を露出した場合は法律によって罰せられます。

なお、国内のライブチャットサイトの場合、局部の露出が出そうになった場合に注意のアナウンスが流れます。
また完全に出ていなくても危ない場合は、BAN(中断)されてしまい、男性とのチャットが続けられなくなります。
連続でBANされた場合には、そのライブチャットでお仕事自体できなくなってしまうという厳しいペナルティが設けられています。
これは逆にいうと、各ライブチャットの運営がしっかりしているということです。

念の為、チャットレディ事務所の面接を受ける際は、国内サイトのみの出演かどうか確認を取ったほうが良いでしょう。
海外サイトは国内サイトとは異なり、監視システムなどはなく、国内サイトと違い流出する恐れも多いです。
必ず国内サイトを利用している事務所を選びましょう。

知り合いや会社にバレたりしない?

知り合いや会社にバレたりしない?

次はチャットレディの身バレについて解説します。

身バレについては、実際に起こることがあります。
しかし、それはライブチャットの出演している最中ではなく、スタッフとのラインを彼氏に見られたという場合がほとんどです。

実際に私が運営していた事務所でも、「彼氏にバレてしまったので辞めます」という方が何名かいました。
理由を聞いてみると、「スタッフとのシフトのやりとりのラインを見られてたことでバレた」、またチャットレディのお仕事に後ろめたさを感じて「自ら了承を得ようとして伝えた」という方もいました。

ライブチャット中にバレたという人は誰一人いませんでした。
これには理由がいくつかありますので、詳しく解説していきます。

待機中以外は課金しないと見れない

ライブチャットの仕組み上、お客さんがついていない状態、いわゆる待機の状態しか無料で見ることができません。
その為、知り合いがあなたの出演しているライブチャットサイトで待機している時間に偶然みていないと身バレすることはほとんどないのです。
なお、ある程度働くと、どの子にも常連さんがつきますので、待機の時間帯も短くなります。

さて、その短い時間に偶然知り合いに見つかってしまう確率はどのくらいでしょうか。
相当低いといってよいと思います。

また、ライブチャットは、1分100円〜400円と若い男性にはかなり高いサービスのため、利用者は30代・40代が多いです。
あなたには、30代・40代の知り合いはどのくらいいますか?

特に20代の女性の場合、同級生がライブチャットサイトを使っている人すらいない可能性が高いです。
本当に運が悪くない限りは見つからないといってもよいでしょう。

2ショット中は入れない

先ほど、課金しなければ待機中しか見つからないとお伝えしましたが、課金してしまえば見ることは可能になります。

しかし、ライブチャットには、複数人とチャットする「パーティーチャット」と二人っきりでチャットする「2ショットチャット」の2種類がありますが、「2ショットチャット」は誰かがチャットしていたら入ることすらできません。

そのため、実際に知り合いがライブチャットの利用者だったとしても、2ショットチャットの時には映像をみることすらできないのです。

いかがでしょうか?
確率的にかなり低いというのは理解して頂けたかと思います。

身バレを防止するために注意したいポイント

身バレを防止するために注意したいポイント

身バレする確率が低くても、できるだけバレないように心がけるのはとても重要です。
ここでは、チャット中に意識しておきたい身バレ対策を、4つご紹介していきます。

本人と特定できる情報を教えない

うっかり顔バレしてしまうのが、普段と変わらないメイクや服装、通常と同じキャラクターで出演するケースです。
チャットレディでは「普段の自分とは違う、別人になりきって出演する」というのが、身バレ対策の基本です。

また、本名や現住所を伝えてしまう行為も、本人特定につながるので絶対にやめましょう。
常連さんができて仲良くなってくると、「下の名前だけなら大丈夫かな…」「駅名だけなら大丈夫かも…」などとつい油断してしまいがちです。
うっかり本人特定につながりうる情報を教えてしまわないように、注意しましょう。

「本名は?」と聞かれた時のために、別の名前を用意しておくと、焦らずに答ることができるのでおすすめします。
基本的には最初に自分の名前や住んでる都道府県などキャラクター設定を細かく設定することをおすすめします。

ウィッグやメイクで変装する

ウィッグを被る、メガネをかける、いつもと違うメイクをするなど、ほんのひと工夫でガラッと雰囲気が変わります。
相手の印象に残りやすいホクロなどはコンシーラーで隠して、全く別人になりきってみてください。

事務所にウィッグを用意しているところも多くありますので、事務所に相談してみるのがよいでしょう。

顔出しNGなら身バレはほぼ0%

ここまでいくつかの身バレ対策をお伝えしてきましたが、「それでもどうしても顔を出すのが心配…」という方もいるかもしれません。
そんな方には顔出しナシでの出演をおすすめします。

やはり顔出しをしている女の子の方が、男性客の獲得率やリピート率は高くなる傾向がありますが、顔バレする心配がほぼ0になるので非常に安心してお仕事できます。

ちなみに顔出しNGの方は、鼻から下のみ出演する女性が多いです。
最近ではサイト側が”マスク着用OK”にするなど寛容的になり、顔出ししない女性に対する男性の理解も以前より深まっていますよ。

2ショットのみ顔出しするという手法

完全顔出しなしですと多少稼ぎにくくなってしまうので、2ショットのみ顔出しする手法があります。
ただでさえ身バレの確率は低いのですが、さらに2ショットのみ顔出しにすることで、ほぼ身バレは防ぐことができます。
また、男性に気に入ってもらえれば身バレを言い訳に毎回2ショットチャットに持ち込めるので、安定して稼ぐこともできます。

顔出しなしでもOKなチャットレディ求人

在宅チャットレディを狙った“出会い目的”客に注意!

在宅チャットレディを狙った“出会い目的”客に注意!

実は、在宅チャットレディの方が、出会い目的のお客さんに目をつけられやすい傾向があります。
これは在宅の場合、事務所の研修やサポートがない分、個人情報を引き出しやすい、ガードが緩いと思われているからです。

在宅チャットレディが狙われる理由

日々ライブチャットサイトにアクセスしていると、待機中の女性をパッと見て、「通勤なのか在宅なのか」は、わかるようになります。
その判断基準は「部屋の明るさ」「部屋の可愛さ」です。

通常、チャットレディ事務所のチャットブースは、画面映えするよう、撮影専用の照明機材などが使われているため、非常に明るい部屋です。
また、撮影スタジオのようにかわいい小物やクッションを用意しています。

一方、在宅で一般的な蛍光灯を使用している場合は、通勤チャットブースと比較すると明らかに薄暗い雰囲気になります。

また、どうしても映像から生活感が伝わってくるため、在宅チャットレディであると容易に判断できてしまいます。
ベテラン客であればあるほど、ひと目で判断できてしまうので、出会い目的客のターゲットになりやすいです。

誘われて応じてしまう女性がいる

「誘いに応じなければいいのでは…?」と思うかもしれません。
しかし、出会いに抵抗がない女性や、暇を持て余している女性の中には、「軽い気持ちでつい…」「お金を直接くれるなら…」と男性客と外で会ってしまう人が、わずかながらいます。

気の合う魅力的な男性に出会ってしまうと、心が動かされることも確かにありますが、チャットの世界から外へ踏み出す行為は大変危険です。
連絡先の交換はライブチャットサイトの利用規約違反にも該当するため、発覚した場合、サイトから永久追放されてしまう可能性もあります。
身元がバレる可能性が高まり、その後ストーカー被害に遭ってしまう危険性もありますので、絶対にやめておきましょう。

在宅だとバレない工夫をする

これから在宅チャットレディを始める方は、在宅であることを相手に悟られない工夫を行いましょう。
もしカメラ映りが暗い場合は、撮影用の照明器具の設置を行い、背景にはできるだけ物が映らないようにシンプルにします。

いずれにしてもカメラ映えを意識することは、チャットレディとして売れるための工夫にもつながりますので、ぜひお試しください。

迫られた時の逃げ道を作っておく

お客さんから気に入られて「会いたい」と思われること自体は、チャットレディとして決して悪いことではありません。
ただし、「まだお互いのことを知らないから」「もう少し仲良くなったら」など色々な返事をしても迫る客には、きっぱり対応しましょう。

最終手段として「事務所のスタッフが監視しているから注意されてしまう」、「運営サイト側から警告されてしまう」と言ってしまって問題ありません。
チャットレディみんなが使っている手段なのでぜひ覚えておいてくださいね。

キャバクラやガールズバーなどと違いチャトレディの場合、お客さんと直接会うこともありませんので、ストーカー被害は一切ありません。

チャットレディおすすめ求人

「安全なサイトを知りたい」「稼げるチャットレディサイトはどこ?」という方のために、おすすめ求人をご紹介します。
チャットレディ初心者の方、パソコンを持っていない方でもすぐにお仕事を始めらることができますよ♪

最大手事務所「ポケットワーク」


これからチャットレディを始めるならポケットワークがおすすめです!
運営実績の長い大手事務所なので、映像流出への対策はもちろん個人情報管理も万全です!

仕事内容

ポケットワークではチャットレディ・テレフォンレディ・メールレディの3つのお仕事から選べます。
登録すると、女性スタッフさんがメインで質問や相談に24時間応じてくれるので。困ったことがあれば何でも聞いてみましょう。

全国8ヶ所(札幌仙台新宿横浜名古屋大阪広島福岡)に事務所があり、通勤・在宅チャットレディどちらも選べる事務所です。
もし通勤を希望する方は、お近くにないか探してみてください。

在宅の場合はスマホでの応募も可能です。
メールや電話だけのお仕事もあるので、声だけ・顔出しなしを希望したい方にもおすすめです。

おすすめポイント

メリット

・女性スタッフがメインで対応
・国内大手7サイトと提携
・登録から稼ぎ方まで全てサポート
・スマホでの応募もOK
・テレフォン・メールレディも可能

注意点

ポケットワークに応募できる年齢条件は、18歳以上(高校生不可)の国内に住む女性です。
登録する際には年齢確認のために「身分証明書」が必要なので、次のものを用意してください。
身分証明書として有効なもの

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・学生証(顔写真付き)

これらをお持ちでない方は「住民基本台帳カード」を最寄りの役場で取得しておく必要があります。

メールレディならVi-Vo(ビーボ)

VI-VO(ビーボ)

メールレディを希望するならVi-Vo(ビーボ)がおすすめです。
LINEのような感覚でメールのみで稼げるので場所や時間を選びません。

スマホ専用なので、パソコンを持っていない方からも大人気のサイトです。

仕事内容

Vi-Vo(ビーボ)は、TV電話・電話・メール・投稿の4つのツールから好きなように選んでお仕事ができます。

メールレディは実際に何をするのか?といえば、会員男性とメールで会話をするだけです。
日常会話からちょっとセクシーな会話まで相手によって内容は色々ですが、顔も声も出したくない方に最適です。

運営元は上で紹介したポケットワークと同じ大手会社なので、信頼性はおすみ付きです!

おすすめポイント

メリット

・スマホのみで稼げる
・メール受信報酬1通32円~60円
・登録ボーナス5,000円
・顔出しNGあり
・ポケットワークが運営&サポート

注意点

Vi-Voに応募できる年齢は18歳以上(高校生不可)です。
登録する際に身分証明書とお給料を受け取る銀行口座が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

まとめ

チャットレディのお仕事は、映像流出問題や出会い目的客への対処に直面することがあります。
どちらも不安にさせられる問題ですが、健全なサイトを選び、身バレ対策を行っていけば、ほぼ回避することは可能です!

自分の身は自分で守る、という気持ちさえ忘れなければ大きな心配はいりません。
徹底対策を行った上で、ぜひチャットレディというお仕事を楽しんで欲しいです。

チャットレディ事務所探しならお問い合わせください♪

LINEで簡単に求人店舗を探す

この記事を見ている人はこの記事も見ています