ジュエルライブは稼げる?口コミ・評判を検証!チャットレディ経験者が教えます!

ジュエルライブは稼げる?口コミ・評判を検証!チャットレディ経験者が教えます!

アダルトメインのライブチャットサイトで有名な「ジュエルライブ」。
ジュエルライブは、在宅だけでなく通勤での勤務も可能なライブチャットサイトなので、自分の状況に応じて働き方を選べるのが特徴です。

とはいっても、チャットレディ未経験者の人からしてみれば「ジュエルライブってそもそもどういうサイトなの?」「安全にお仕事ができるの?」など色々と疑問が尽きないでしょう。

ジュエルライブ経験者

今回は、そんな方のためにジュエルライブで実際に働いてる私が基本情報や口コミ・評判、実際に働いてみた感想などをしっかりとご紹介していきますね。

ジュエルライブとは

ジュエルライブとは(参照:ジュエルライブ)

ジュエルライブは、10年以上の運営歴を誇る老舗のライブチャットです。
基本的にはアダルトをメインに行っているサイトですが、24時間365日監視がついており、女の子が安心して稼げるように徹底サポートされているのが特徴。

PCだけでなく、スマホからもお仕事ができるため人気のライブチャットサイトとして名高いです。

運営は、株式会社エムライブという会社です。
平成22年に創設された比較的新しい会社ですが、報酬の未払いや無理な出演強要等はないのではじめての人でも安心して働けますよ。

また、有名なライブチャットサイトと比べると会員数がやや女の子が少ないため、稼げる穴場サイトとしても有名です。

その他、新人登録で10,000円のボーナスがもらえたりするなど手当も充実。
アダルトなので分給も高く、短時間でガッツリ稼ぎたい人にオススメのサイトと言えるでしょう。

ジュエルライブの求人をみる

通勤でも在宅でもどちらでもOK!
今なら新規登録で1万円貰えちゃう!

ジュエルライブに応募する

FANZAアダルトチャットとジュエルライブの違い

ジュエルライブ経験者

アダルトチャットで有名な「ファンザライブチャット」「ジュエルライブチャット」の報酬額やどちらが稼ぎやすいか、比較していきます!

同じアダルトチャットサイトの中でも、男女ともに圧倒的な会員数を誇るFANZAアダルトチャット。

どちらもアダルトメインのチャットサイトですが、具体的にはどの部分が違うのでしょうか?
それぞれの報酬を元に、簡単に比較していきたいと思います。

報酬の違い
ジュエルライブ パーティー 82円/1分
2ショット 110円/1分
プライベートチャット 275円/1分
FANZA(アダルトチャット) パーティー 52円/1分
2ショット 131円/1分
双方向(プライベート)チャット 210円/1分

表を見てみると、ジュエルのほうがパーティーチャット及び双方向チャットの分給が高いことが分かりますね。(2ショットチャットはFANZAが高めです。)

パーティーチャットの場合は分給×人数でさらに報酬が高くなりますので、「パーティーチャットメインで稼ぎたい」「分給が高いサイトで副収入を得たい」と考えている人にまさにピッタリのサイトと言えるでしょう。

ジュエルライブの求人をみる

通勤でも在宅でもどちらでもOK!
今なら新規登録で1万円貰えちゃう!

ジュエルライブに応募する

ジュエルライブの報酬システムについて

ジュエルライブの報酬システムは、以下のようになっています。

ジュエルライブの報酬
パーティーチャット 1分82円×人数
2ショットチャット 1分110円
双方向チャット 1分275円
ひそひそ
(パーティーチャット中の
非公開チャット)
ユーザー1名の発言につき55円

他のライブチャットサイトと同様、以上のような報酬システムとなっています。

とはいっても、実際にどれくらい稼げるかイマイチ想像できない…という人も多いでしょう。
ここでは、いくつかジュエルライブで稼いだ場合のシミュレーションを行っていきたいと思います。

パーティーチャットで3人の男性と1時間話した場合

ジュエルライブ経験者

パーティーチャットとは、女の子と複数の男性でお話をする方法です。
オンライン上のグループ通話というイメージに近いですね。
2ショットや双方向チャットとは異なり、人数や話す時間が多くなれば多くなるほど報酬も高くなるのが特徴的です。

では、3人の男性と1時間話した場合、時給換算でどれくらいになるのでしょうか?

82円×60分×3分=14,760円(時給換算)

単純計算でいくと、このような報酬になります。

2ショットの場合は110×60分で時給換算6,600円双方向チャットの場合は275×60分で時給換算16,500円という計算になります。

注意

日によってお客さんの入りが異なったりするので、毎日上記の時給で稼げるというわけではありませんので注意してください。

ジュエルライブで働く為に必要なもの

ジュエルライブで働くために必要なものは1つです。
それは、本人確認&年齢確認のための身分証明書です。

ジュエルライブは、18歳以上(高校生は不可)の女性なら誰でも登録できます。
チャットレディとして働く場合は、基本的に身分証明書の提出が義務付けられていますので、必ず用意しておきましょう。

ジュエルライブ経験者

ライブチャットサイトは法律上どこでも身分証明証が必要となります。
大手会社なので個人情報の流出などは絶対にないのでご安心ください!
もちろん私も登録時に提出しています!

提出可能な身分証明書は、以下の通りです。

提出可能な身分証明書

● 運転免許証
● パスポート
● 住民基本台帳カード
● 学生証(高校は不可/夜間や高専の場合は提出可能です)
● 社員証
● マイナンバーカード

(※いずれも有効期限内のものに限る

なお、こちらのサイトでは顔写真付きの身分証明書のみ提出OKとなっています。
保険証や住民票といったものは提出できないので、注意してください。

ジュエルライブの求人をみる

通勤でも在宅でもどちらでもOK!
今なら新規登録で1万円貰えちゃう!

ジュエルライブに応募する

ジュエルライブは何歳くらいの人が働いてる?

ジュエルライブ経験者

ジュエルライブは、18歳~30代前半の女性が多く働いています。

学生やOL、フリーターといった人が副業で働いているため、若い女性であればかなり稼ぎやすいサイトという印象です。

ジュエルライブでは年齢の上限はありませんが、どちらかというと若い女性メインのサイトとなっているため30代~40代以降の方の場合は稼ぎづらいかもしれません。

ただ、30代~40代以降の方でも働けるように姉妹サイトで「マダムライブ」というサイトがあります。
「若くはないけど、チャットレディとして活動してみたい」と考えている人は、姉妹サイトの利用も検知してみるといいでしょう。
下記から求人情報を確認してみてください。

マダムライブの求人をみる

30代〜60代までOK!通勤でも在宅でもどちらでもOK!
今なら新規登録で1万円貰えちゃう!

マダムライブ

また、マダム専用サイトは他に「マダムとおしゃべり館」「チャットピア」というサイトもあります。

ジュエルライブはどのくらい稼げる?

ジュエルライブはミックスサイトやノンアダルトサイトと比べ、1分あたりの報酬がかなり高めです。
そのため、順調にリピーターを得れば月収50万円以上稼ぐことも夢ではありません。

実際にジュエルライブの人気チャットレディの中には、月収300万円以上稼いでいる人もいます。
本業と同等以上稼ぎたい・確固たる目標があって、その目標に向かって多額のお金が必要という方にオススメのサイトと言えるでしょう。

ジュエルライブの求人をみる

通勤でも在宅でもどちらでもOK!
今なら新規登録で1万円貰えちゃう!

ジュエルライブに応募する

ジュエルライブで実際に働いてみた感想・口コミ

ここまでジュエルライブについて色々と解説していきましたが、実際にはどんなサイトなのか分からない・口コミや評判、体験者の話が聞きたいと考えている人も多いでしょう。

ここでは、そんな人のために実際にジュエルライブで働いてみた感想をご紹介していきました。

ジュエルライブ経験者

個人的には、ジュエルライブは日中よりも夜間のほうが圧倒的に稼ぎやすいなという印象でした。
日中にログインしていた時は、あまり男性会員がやってこないというか…来たとしても1人と数分話して終わりということも珍しくなかったです。

ただ、ジュエルライブは他のライブチャットサイトと比べて、働いてる女性が少ないので穴場サイトなのは間違いないです!
チャットレディでお仕事するのであれば確実に登録した方がいいサイトの一つです!

夜は盛り上がっており、待機してもすぐに男性会員と繋がり稼ぐことができます。
イベント自体も夜間に行われることが多いので、他のサイトよりも夜のほうが稼ぎやすいなと感じました。

男性会員も基本的に遊び慣れた人が多いので、個人的にやりやすいなと感じました。
比較的穴場なサイトかつ報酬も高いので、ある程度ガッツリ稼ぎたい人は利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はジュエルライブについて詳しく解説していきました。
運営歴は10年以上の老舗のライブチャットサイトで、運営会社のサポートも徹底しているサイトです。

スマホ・PC、在宅・通勤でのお仕事もできますので副業で始めたいと思っている方はぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。

チャットレディ事務所探しならお問い合わせください♪

LINEで簡単に求人店舗を探す

この記事を見ている人はこの記事も見ています